【FF】ゆとりでも分かるFF7のストーリー

FF,ゲームFF,ゲーム

1: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:35:46.43 ID:jMayTc0P0
ある程度書きためた需要ある?

3: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:37:48.50 ID:jMayTc0P0
なんか分からんけどとりあえず書いてくわ

需要無かったら終わらせる。

4: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:39:14.62 ID:jMayTc0P0
【始まり】

古代種「僕たちは星と会話できて星を開拓できちゃうんだー」

宇宙人「私、宇宙人。私は他人の記憶に合わせて、言葉とか姿とか変化させる能力があるのよー
オホホ、今、隕石付着なう」

ドドドーーーン

古代種「えっ? なんか落ちたよね? 北の大空洞になる所に落ちたよね?」

星  「痛いよー痛いよ なんか降ってきた」

古代種「マジか、治そう一緒に治そう!ライフストリームしちゃいなさい」

ライフストリームとは星が自己治癒する能力。すんごい力がある。

星  「凄い疲れるけど頑張る キュイーン」

こうしてライフストリームしつつ古代種が手伝う。が、

宇宙人「そうはさせないわよー星が出すライフストリームが御馳走なのよ。
ん~でも強そうねコイツら…私の能力を使うわ」

宇宙人ウイルス拡散中!

古代種  「ぐぇぇえ(モンスター化)」

けれど、古代種は強く、あっという間に宇宙人を一掃。

古代種 「まぁモンスターになった奴には可哀そうだったが……こんな奴は封印じゃぁぁあ」

こうして地中深くに宇宙人を封印するが、宇宙人の想定内で宇宙人は古代種に化けて生活。

古代種 「マジでヤバかったぜ、隕石に宇宙人ってついてるなんてな」

古代種(宇宙人)「ホントね~」

5: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:40:56.22 ID:JIBarZh60
おさらいみたいな感じか
7: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:44:25.30 ID:jMayTc0P0
【それから二千年後くらい】

ライフストリームを人間の生活エネルギーとして使い始めました。
超豊かになる一方で、星の命を削る行動をとる神羅カンパニー。
東電の原発みたいなもんです。

神羅カンパニーにの研究所、ガスト博士とグリモア博士の助手として宝条とルクレツィアがいました。

ルクレツィアは神羅屋敷って所でオメガとカオスについてグリモア博士ってオッサンと研究していた。
オメガもカオスもよく分かんないけどなんか強そうだし、近くにあるっぽいよって感じで

カオスの泉にて~
グリモア「カオス因子ハケーン!!」
ルクレ 「まぁ凄いわ!!」
カオス 「ガオォォオオ!!(暴走)」
ルクレ 「キャーーー」
グリモア「危ないっ…!!」

こうしてカオス因子の暴走からルクを守り、グリモアは死亡。
それから~

ポンコツ博士 ガストによってジェノバの仮死状態の身体が見つかる。

ガスト「こ、これは!!!」
宝条 「(またなにか発見したのか、いつも博士ばっかり…いつも…)」
ガスト「フッフッフ!!大大大発見だもんねーー!これ!!なんだと思う?」
宝条 「さぁ…?」
ルクレ「なんですか…宇宙人とか?」
ガスト「宇宙人なんてとんでもない!!古代種だよ ヒャッハーー!!こりゃすげぇ、ワシは天才じゃ!!
ジェノバって名付けちゃうもんねー!!」
宝条 「ぐぬぬ、、俺は博士に勝てないのか……」

こうしてジェノバプロジェクトが立ち上がる。

8: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:46:01.77 ID:jMayTc0P0
羅製作所の総務部調査課(タークス)の、課長が
ガスト、宝条、ルクの前へやってくる。

課長「おーい、今日から新人入るから、ガンマン足りなくてさ」

すると課長の後ろからひょっこり顔を出したのは明らかに根暗の挙動不審のヘタレな風貌をした
男がやってくる。

ヴィンセント「じ、自分…ヴィンセントって言います…ヨロシクです」

宝条 「…博士に勝ちたい、博士に勝ちたい…ん? あぁよろしく」

ガスト「古代種ジェノバを見つけた超天才博士のガストです」

ルクレ「ルクレツィアです…ん?(この根暗な感じ、グリモアにそっくり…まさか)
あ、あ、ああなた、お父さんの名前は?」

ヴィンセント「グ、グリモアっす」

こうして自分を守った為に死んだグリモアの息子を見て気まずくなりつつも、
態度を変えずに接していたルクに、ヴィンセントが恋心を抱く。

9: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:48:13.14 ID:jMayTc0P0
ヴィンセント「す、す好きっす」

ルクレ  「(罪悪感が半端ないわ)む、無理よ」

ヴィンセント「…無理ですか?」

ルクレ「(超きまずいわ)無理に決まってるじゃない坊や」

ヴィンセント「……そうっすか」

ルクレ「(私最低だわ)オホホ、ガキはママの乳でも吸ってな」

こうして罪悪感に塗れたまま仕事を進める横で、自分にセンスが無いと落ち込む宝条が放心していた。

宝条 「ぼかぁ才能ないっすからね…」

ルクレ「そ、そんな事ないわ!!(せめてコイツだけでも助けてやらねば)」

宝条 「(ム…昨日みた週刊誌に弱っている男はモテるってあったな、童貞卒業キター)僕は…」

ルク 「貴方は天才よ、貴方の伝説の剣を突き刺して!」

こうして宝条とルクが付き合い始める。(ダージュオブケルベロスだと恋愛感情は無かった事になっている)

ヴィン「いいんだ、ルクが幸せなら……いいんだ」

こうして童貞を卒業した宝条だったが、ガストの高まりっぷりは止まらず宝条は嫉妬に塗れていく。

宝条 「博士? ジェノバプロジェクト…遺伝子を埋め込むってなにに埋め込むんですか?」

ガスト「そりゃまぁ人間等に埋め込めれば、古代種誕生なんて事もあるけどな、今は難しいな」

宝条 「なら、ルクが僕の子供孕んでますので、それにジェノバ細胞入れちゃいましょ
そしてライフストリームから作った魔晄もバンバン浴びせちゃいましょう」

ガスト「そ、そりゃ…(でも科学者として気になるぅぅ)」

宝条 「やっちゃいましょう!!」

科学者であるルクを説得し、ルクにジェノバ細胞を注入し、魔晄もピカー
こうしてセフィロスって子が生まれました。

10: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:49:42.37 ID:jMayTc0P0
ある夜…神羅屋敷で調べ物中

ガスト「ふっふーん♪ワシは天才ぃぃい♪ふんふん♪」

宝条 「(マジでうるせぇ)」

ガスト「ワシは♪あっうあぁあああ!!!」

宝条 「どうしたんですか?」

ガスト「(ヤバイ…嘘だろ。ジェノバ…古代種じゃなくてただの宇宙人なんだけど…)」

宝条 「どうしたんですか?」

ガスト「セフィロスどうしてこっか、古代種じゃない気がすんだよね…」

宝条 「関係ないです、あれは私の私物ですから悪魔になろうが、天使になろうが楽しみですよ」

ガスト「あっそう。そっかじゃあワシは今日帰るわ、ちょっと疲れちゃったなぁあ!」

ガストは責任を感じ、失踪した。

研究を続ける宝条にとってセフィロス以外、もう興味もなかった。

宝条の研究結果
・セフィロスは強い
・ってことはジェノバ細胞+魔晄照射でソルジャー作れるやんけ!
・精神力弱い奴らに魔晄を照射したらモンスターになっちゃうよ
・リユニオンっていうジェノバ細胞はジェノバ本体に戻っていく現象を見つけたよ!

ジェノバウイルスをぶち込まれたルクの身体に異変が起き、ヴィンセントが激おこプンプン丸に。

ヴィン「てめぇ彼女を人体実験に使ったな!?」

宝条 「なにが悪いんだよ、この童貞野郎が!!!」

ここで宝条に撃たれるヴィンセント。意識を失い、ヴィンセントも人体実験の対象にされるが失敗となり
瀕死となるが、なにをとち狂ったか延命させる為にルクがヴィンセントの身体にカオスをぶち込んで延命成功。

11: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:51:08.32 ID:jMayTc0P0
そして誰かヴィンセント救ってよ、って意思とかをネット上に流してルクも失踪。

意識を取り戻したヴィンセントは落胆する。

「俺のせいでルクレツィアがぁぁああ、寝ます!!罰として冬眠します!!」
こうしてヴィンセントは棺桶に入って寝ました。

失踪したガスト博士はイファルナという本物の古代種の生き残り見つけ、ジェノバに対する事実を
訊いて、最終的にセ〇クスしました。

するとエアリスが生まれ、三人でわいわい暮らしている中、神羅カンパニーが訪れる。

宝条「古代種以外は興味ないっす」

パンッ

こうしてガストを射殺。イファルナとティファは実験台にされたり、あんな事、こんな事をされる。

なんとか隙をみて逃げて途中で出会ったエルミナって人にエアリスを任せる。
この時にイファルナがあるものをエアリスに渡す。

イファ「これ、ヤバイ時使いなさい!!」

エアリス「なにこれぇ?」

イファ「バルス的な事が起こった時、使うんだよ!!」

こうしてイファルナはホーリーのマテリアを渡して死亡した。

こうして古代種の末裔のエアリスは星の声を訊きながら生きていたが、タークスに見つかるが、
エアリスを乱暴にしては実験ができないってことで

あまあまにしていたタークス。

12: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:52:35.95 ID:jMayTc0P0
【ファイナルファンタジー7 クラシスコアのちょい前】

クラウド編

死んだお母さんに会えると思ってティファは三人組を連れて立ち入り禁止のニブル山へ

クラウドはこっそりその後を着いて行くと

やっぱり危険で、ティファが死にそうになると、少年三人組は逃げて置いてきぼり、
クラウドが助けようとした時に事故発生!!つり橋が切れる!!

ティファパパ「髪の毛小便色のガキがぁ!!ウチの娘になにさらすんじゃ!!」

ティファは事故の衝撃で一部記憶がなく、全てクラウドのせいに。

クラウドは自分の弱さを呪った。
クラウドはティファに認めてもらいたくどうすればいいかを考える。
そして十四歳になった頃

クラウド「俺! ソルジャーになる!!!ピンチは助けれるくらい強くなる」

と鼻たかだかに言って村を出て行ったクラウド、全てはティファに認めてもらう為。

神羅カンパニーにて、

クラウド「ちわっす、ソルジャーになりたいんすけど」

社員  「ハーイ、じゃ採血しますね」

クラウド「はい! 俺セフィロスさんみたいになりたいんすよ!!」

社員  「あらら、アンタ魔晄の適性ないね。ソルジャーなれないわ」

クラウド「えっ?!一般兵!? ムリムリ!ダサイって」

社員  「そう言われてもね、無理なんです。簡単じゃないんですよソルジャーって。はい次の方」

こうしてクラウドはソルジャーになれないまま、神羅カンパニーの一般兵になったのです。

13: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:54:02.18 ID:jMayTc0P0
【FF7 クライシスコア】

セフィロス、ジェネシス、アンジールというソルジャーがいました。
彼等、神羅カンパニーの兵士の憧れの的です。

アンジールの部下のザックスは元々セフィロスに憧れてソルジャーを目指し、魔晄適性を余裕でパス

一緒にアンジールと行動を共にする。
「英雄になる為に夢を持つんだ!!!」とはしゃぎ回るザックス。

そんなこんなで
ジェネシスという戦士が一番初めにある事に気が付く。

ジェネシス「えっ…ソルジャーってモンスターの作り方と一緒やんけ!!?キエエエエエアアア」

こうして暴走したジェネシス。
そんな動向を探ろうと伺うアンジールもプロジェクトGの被験者で

星を滅ぼそうとしたジェノバの細胞を持つ者。

ソルジャーとプロジェクトGの違いは、母親がジェノバ細胞を持つという所。
恐らく普通のソルジャーの作り方は、人+ジェノバ細胞+魔晄照射

母+ジェノバ細胞+魔晄照射=子 の実験であり、たぶんこっちの方が強いと思われてる。

ちなみにセフィロスは母の中にいる胎児にジェノバ細胞という三つのレパートリー。

プロジェクトGという研究の産物の失敗作のジェネシスの身体は劣化し始める。
もちろん、アンジールも劣化。

14: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:55:44.50 ID:jMayTc0P0
神羅の上層部からジェネシスとアンジールを殺そうという案がでたが、セフィロスとザックスはボイコット。

エアリスと出会ったザックスはエアリスにホの字。

そんなイチャイチャしている所に劣化ジェネシス

ジェネ「幸せそうにしてんじゃねぇええ」

ザックス「うるせぇぇええ」

こんな感じでジェネシスは死ぬためにザックスに喧嘩を売り、アンジールも同様。

二人を切り刻んだザックスはアンジールが大切に使っていたバスターソードと想いを受け継ぐ。

上層部「最近さ、モンスター凄いんだわ」

セフィロス「見てきます」

ザックス「はい」

こうして車で向かう車内
静かなセフィロスの横ではしゃくザックス。そして一般兵(クラウド)。

ニブルヘイムへ到着すると、案内役をかってでた出しゃばり女ティファ
マスクをつけてて良かったと肩をなで降ろすクラウド。

魔晄炉見に行ったらカプセル発見!!中を覗くとモンスターやないか!!

15: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:57:10.44 ID:jMayTc0P0
ザックス「おいおい、神羅がモンスターつくってんじゃね!?」

セフィロス「…俺はモンスターなのか、悲しい」

こうしておかしくなったセフィロスは資料を読む為部屋に引きこもると

とんでもない勘違いを起こしてしまうのです!!

セフィロス「私は古代種だ!!!そして人間達が古代種、いやジェノバを封印し殺した!!
人間が嫌いだぁぁっぁあああ ジェノバは星を旅して開拓する、古代種!!
ジェノバ母さんは優れた能力と知識でこの星の支配者になるはずだったんだ」

モンスターとのハイブリットである自分を古代種として勘違い。
人間に腹を立て村の人を切り刻み、ニブルヘイムを放火しました。

セフィロス「アァッァアアアモンスターアアァアアア 人間んんん嫌いィィイイ」

こんな感じで暴れ回ってニブルヘイムを出てジェノバが置いてある
魔晄炉へ向かったセフィロスを追い掛けて
ザックス、ティファと心配になって後ろから後を付ける一般兵のマスクをつけたクラウド

ニブルヘイムは魔晄炉として使われています。いわゆる福島原発みたいな感じです。
でもそこはソルジャーもしくはモンスター精製所で、ジェノバ細胞+魔晄=モンスター、ソルジャー
なので、そこにジェノバがあるわけです。

16: 名無しさん 2013/12/10(火) 22:58:36.68 ID:jMayTc0P0
セフィロス「マザコンの僕が来たよ母さん、貴方の意思は私が受け継ぎます!!」

カプセルの前で狂喜乱舞するセフィロスに立ち向かうザックス

ザックス「セフィロオオオス」

一瞬で倒される。

ティファ「父の仇!!」

一瞬で倒される。

こうしてセフィロスは母さんと感動の対面をしている中

クラウド「アンタに憧れてたんだーーーーなのに!!!」

セフィロス「誰だおまえぇぇっぇえええ!!!!」

こうしてクラウドが英雄セフィロスを後ろから突き刺す。
マスクを外し、一瞬で倒されたティファの元へ、

ティファ「きてくれたのね・・・」

クラウド「行こう」

そんなこんなで入口に向かっていたら

セフィロス「誰だお前っ!!!????」

と正宗という刀でブスリ。クラウドの身体を貫通しますが、底力を発揮
身体に刺さった正宗を抜き、柄を離せばよかったのに、そのままつき落とします。

そう一般兵が伝説のソルジャーセフィロスを殺したのです。

17: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:00:04.81 ID:jMayTc0P0
ここでセフィロスは死にます。FF7に出てくるセフィロスのほとんどが変異したジェノバです。

魔晄炉=ライフストリーム汲み上げ地なので
こうしてライフストリームの中にジェノバの首を持って落ちて行くセフィロス。

残ったザックス、ティファ、クラウド、全員重症。

魔晄炉で倒れている情報を訊き付けた童貞卒の宝条が実験の為、ザックスとクラウドを拉致、改造。

ジェノバ細胞を注入し、魔晄をピカー。ザックスは元々ソルジャーだったので大丈夫だったが、
クラウドは純人間なので、ソルジャー並みの攻撃力になったが魔晄を浴び過ぎて精神崩壊、記憶障害となる。

これがセフィロスコピーだったけど、クラウド精神力なさすぎwwwという事で失敗作になり
植物状態となり魔晄たっぷりカプセルにいれられる。

余裕綽々のザックスがクラウドをカプセルから救出し、一緒に逃亡。

18: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:02:30.43 ID:iJnO0qgm0
ケルベロスやって思ったけど、ルクレツィアって結構なビッチだよな
あれは酷い
19: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:02:30.69 ID:jMayTc0P0
ザックス「なぁ外いったら何する?」

クラウド「あうあうあううううう(魔晄中毒)」

ザックス「とりあえず金だな」

逃げていると、神羅を裏切ったとされたザックスに大量の一般兵が襲いかかる。

1人VS1000人くらいによりザックス射殺。

一般兵「けっソルジャーも大した事ねぇな ゼェゼェ」

ザックス「…卑怯くせ・・・・」

一般兵「この金髪どうする?」

クラウド「あうあうああああ」

一般兵 「ほっといてよくね? こんなもん」

こうして虫の息のザックスと朦朧とするクラウド。

クラウドがなんとかザックスに近づくと。

ザックス「お前が俺の分まで生きる、お前が俺の生きた証」

クラウド「オマエガ?俺ノ生キタ証??」

ザックス「俺の誇りや夢、全部やる」

ここでザックスがバスターソードをクラウドに託す。

クラウド「うおぉぉおおおあぁっぁあああぁあっぁぁぁっぁあああああああ」

ここでクラウドの頭の中で想いでが駆け巡る。

20: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:05:00.82 ID:jMayTc0P0
ソルジャーってこんなに格好良くて、素敵で強いんだ…なんで俺なんかを
思わずクラウドは呟きます。

クラウド「ありがとう…忘れない」

それから数年後

FF7

クラウド「俺は元ソルジャー!!! クラス1stのトップクラスだ!!!」

こうして「忘れない」と言っておいて、記憶障害によりザックスの肩書きと剣と、
良い所だけを貰ったクラウドの物語が始まる。

21: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:05:46.25 ID:k44xYHDn0
ダージュしかやったことないからありがてぇ
28: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:10:30.83 ID:ppbKIbFA0
バスターソード受け継いでもあうあうのままで、駅でティファに会ってクラウドさんになるんじゃなかったか?
33: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:29:19.94 ID:jMayTc0P0
ミッドガル七番街スラム駅で行き倒れていたクラウドとティファは再開する。

クラウド「しかし、ソルジャーだった時は大変だったぜ、あぁあ、やめて良かったよ」

ティファ「う…うん(なに言ってるのかしらこの人)」

クラウド「一緒にセフィロスを追って行った時もさ、なぁ?」

ティファ「(怖いわ…なんかおかしいわ)ハハハそうね」

そんなこんなで矛盾する会話、そこにクラウドはいなかったのに、クラウドは自分の経験のようにして
ザックスの話をする。

ティファ「今ね、魔晄反対運動してるの。アバランチっていって片腕の機関銃のプロレスラーみたいのがいるわ」

という事で、ザックスが目指していた 金をどうにかしようと言っていた時にやるつもりだった
「なんでも屋」として行動していたクラウドはアバランチに加入する。

ここで魔晄の紹介

ライフストリームとは星の命の源、傷つけば修復しようとしたりする。
魔晄とはライフストリームを吸いだし、集めた物。

本当に原子力発電に似ている。

魔晄を凝縮させると、マテリアができます。マテリアにはファイアやブリザドなどがあります。
そんな力を人間に浴びせ、ジェノバ細胞をぶち込む事でソルジャーやモンスターが生まれるワケですが。

その他にも街を発展させる為に魔晄エネルギーは必要不可欠なワケで

色々問題あるけど、今更退化させるワケにはいかない!!

このエネルギーを操っているのが東電…ではなく神羅カンパニー

ただ魔晄を吸いだす=星の命を吸いだす事 なので再稼働反対グループがアバランチとなるワケです。

34: 名無しさん 2013/12/10(火) 23:54:31.05 ID:jMayTc0P0
その他にも街を発展させる為に魔晄エネルギーは必要不可欠なワケで

色々問題あるけど、今更退化させるワケにはいかない!!

このエネルギーを操っているのが東電…ではなく神羅カンパニー

ただ魔晄を吸いだす=星の命を吸いだす事 なので再稼働反対グループがアバランチとなるワケです。

そしてアバランチと出会ったクラウド。

バレット「あんた誰だ?」

クラウド「クラウドだ」

バレット「だからなんだ」

クラウド「オッホン!!元ソルジャー…クラス1stだ!!キリッ」

バレット「おおう、俺達は魔晄を吸いだす神羅を…」

クラウド「興味ないね!!キリッ 金は払えよ!!」

ティファ「(やっぱりクラウドはイカれてるわ)行きましょ」

こうして魔晄炉を破壊すべくテロ活動が始まります。

38: 名無しさん 2013/12/11(水) 00:19:58.23 ID:D5SPjo100
クラウド「再稼働反対!!再稼働反対!!ヒャッハー元ソルジャーがお出ましだぜぇ!!」

こうして向かってくる一般兵を薙ぎ払い進めて行く。

なんやかんやあって、魔晄炉を爆破!!
このテロにより、大量の犠牲者が発生

正義の味方でもなんでもなく、ただのテロ集団であるクラウド、バレット、ティファ。

こうして爆破によりクラウドのみ吹っ飛ばされある所に落ちる。
そこは花がいっぱいある所。

起き上がると花売りをしているエアリスと出会う。

エアリス「大丈夫?」

クラウド「何言ってやがる、俺はなんたって」

エアリス「仕事は」

クラウド「なんでも屋だ!!」

エアリス「プッ!!」

クラウド「なにがおかしい!!」

レノ  「見つけたぞっと」

ここでタークスのレノが邪魔しにくるのです。

エアリス「なんでも屋さん、ボディーガードも仕事のうち?」

クラウド「まぁな、でも安くないぜ キリッ」

エアリス「じゃあデート一回」

クラウド「…ま、まぁいいけど」

神羅一味「ヘッヘッヘッヘ」

クラウド「黙れ、神羅の犬どもが!!!」

そんなこんなで、エアリスとの淡い関係が始まるのです。

41: 名無しさん 2013/12/11(水) 00:22:13.87 ID:D5SPjo100
敵に追いかけられ二人で逃げる。

クラウド「あいつ等はタークスだ、制服で思い出したぜ」

エアリス「へぇ」

クラウド「ソルジャーになりそうな奴をスカウトする集団だが、裏じゃ結構ワルだぜ
お前なにしたんだ?」

エアリス「私、ソルジャーの素質があるかも!!」

そしてまた見つかり、逃げて行く。
全力のクラウドに追いつけないエアリス。

クラウド「おいおい、ソルジャーの素質があるんじゃないのか?」

エアリス「性格わるっ!」

クラウド「ハッハッハ」

エアリス「クラウド、あなたもしかしてソルジャー?」

クラウド「まぁなキリッ どうしてわかった クラスファースト」

エアリス「目の色」

昔にザックスと会っているエアリスは目の色がザックスと同じ事に気がつき、
似ていると気にかけるようになる。

魔晄を浴びる事で目の色が変色します。

タークスの目的は古代種であるエアリスを研究に協力させる事です。
なぜなら星と会話ができるし、なんか凄そうだから

神羅カンパニーはアバランチにマジギレし、アバランチのアジトがある場所を破壊
この時、リーブ(タークスの一因であり、ケットシーであり、エアリスをしっている)だけは
その強行に反対したが、全く聞き入れられず。

再開した、クラウド、ティファ、エアリス、バレットだったが

エアリスはバレットの娘、マリンの安全と引き換えに神羅にさらわれていくのです。

45: 名無しさん 2013/12/11(水) 00:46:40.78 ID:D5SPjo100
ツォン「我々タークスに与えられた命令は【古代種】の生き残りを捕まえろってね!!サラリーマンも
大変なのだよ」

といって、エアリスをヘリコプターで連れ去っていきます。

RPGなんでエアリスを救出しないわけにはいきません。
エアリスを救出する為に神羅カンパニーへと潜入します。

そしたらそこにはジェノバがあったり、童貞卒の宝条モルモットにされたレッド13がいたりと
捲るめく神羅の裏側があった。

しばらくしたら、神羅カンパニー社長とおもいえるプレジデント神羅がセフィロスに殺害されていた。

刀がセフィロスのものと酷似していたため、

「絶対セフィロスじゃん!!っていうかなんで生きてんの…」

ってなります。
余談ですが、セフィロスに扮したジェノバです。セフィロスは死んでます。

そしてバイクで疾走!!バッシュバッシュ、敵を粉々に砕きながら神羅カンパニーから逃げたクラウド
一向はミッドガルを出て、近くにあるカームで

クラウドの勘違い伝説を語り始めるのでした。

47: 名無しさん 2013/12/11(水) 01:05:26.46 ID:D5SPjo100
クラウドはセフィロスが生きていると勘違いして、
その決着をつけなければいけないと強く勘違いをし始めるのです。

そしてバレッドもそれが星を救う事になると信じ始める。

セフィロスはジェノバ+魔晄の力を必要としているから そういう考えになったワケです。

クラウド「あれは五年前だったかな」

と、ザックスの記憶を語り始めます。

セフィロスと同行していったニブルヘイムでの魔晄炉の話、これは全てザックスから訊いた物を
自分の記憶だと勘違いしている障害持ちのクラウドによるもの

ティファ「(ザックスの記憶をスラスラと超きもいわ)そうね」

ティファはクラウドが真実を知ったらおかしくなると考えそこでは空気を読んでなにも言わず。
ティファ以外はクラウドの体験談として信じたのです。

そんなこんなでRPG通り、情報を集めてセフィロスへと近付いて行きますが、
ここで一回、童貞卒の宝条と出会います

宝条「君達は呼ばれてる感じとかある? どうしてもセフィロスに会いたいって感じ」

クラウド「馬鹿な事を、非モテが!!俺はセフィロスがいる所ならどんなトコでも行くぜ!!」

宝条「なるほど、これはイケますね クックック」

この会話は【リユニオン】というジェノバの能力の仮説を裏付けるものです。
リユニオンはジェノバ本体に細胞が集まる現象です。

48: 名無しさん 2013/12/11(水) 01:07:17.15 ID:D5SPjo100
リユニオン 合体でもあります
49: 名無しさん 2013/12/11(水) 01:11:18.97 ID:D5SPjo100
ぶっちゃけると、セフィロスの遺体は北の大空洞にあります。

飛行艇で行こうと思ってもバチバチって弾き返された所です。

そもそもセフィロスはなにがしたかったのか、

クラウドに殺されてジェノバ母さんの首をもってライフストリームに溶けたのですが、

「自然の源になるなんて、絶対イヤアッァァ!!」

とセフィロスの魂が拒絶、
かつてジェノバが降ってきたクレーターがある「北の大空洞」でそこに集まるライフストリーム

を利用して、肉体を再構築させているわけです。

北の大空洞は隕石墜落によってライフストリームによって修復が行われているので、
それを利用していたワケですね。

【リユニオン】
ジェノバ母さんの首を持つセフィロスの所に、ジェノバ細胞を持つクラウドが理由はどうあれ向かうのは

リユニオンとなんら変わらない。いつまでも、どこまでも操り人形なクラウドなのです。

そんな事も知らず

クラウド「俺をナメるなよ、ぶった切るぜ!!」

ノリノリのクラウドは足を進めて行くと、バレットが神羅を嫌い、極悪非道なテロを神羅に仕掛けたのかが
コレルというバレットの故郷で明らかになります。

50: 名無しさん 2013/12/11(水) 01:12:46.86 ID:D5SPjo100
昔のバレット

バレット「石炭いりませんか~石炭」

消費者 「いらねぇよ、魔晄があんだよ魔晄が!!」

バレット「……」

神羅社 「やあやあ石炭なんて売れないでしょう」

バレット「なんだお前等」

神羅社 「是非ね、この広大な土地に魔晄炉を作ろうと思いまして」

バレット「なんですって!!」

神羅社 「めっちゃくっちゃ売れますよ」

バレット「マジッすか!!!ひゃっはーーー」

こうして大喜びしたバレットはねじ伏せるようにして賛成を押し切る。
最後まで魔晄炉建設を反対していたのが親友のダインだった。

バレット「ダイン君、まだ石炭なんて掘ってるの? 古い、古い」

ダイン 「く…」

バレット「助成金もでるし!!ここにサインしてもらえばもう全員なんだよ」

ダイン 「俺達は石炭で生活してきたんだ!!」

バレット「古っ!!時代は魔晄っすよwww」

という事で無理矢理に魔晄炉が建設になったんですが、爆発事故が起きました。

ダイン 「ほおおらぁぁ 言わんこっちゃない!!!」

バレット「えっ……いや神羅さんが絶対なんとかしてくれるさ」

神羅社 「は? あんた等、村人が悪いんでしょ?」

村人に責任を擦り付け、村中を焼き払いました。

51: 名無しさん 2013/12/11(水) 01:14:13.72 ID:D5SPjo100
この時に、バレットとダインは片腕ずつなくなり、村の中で生きていたのは

バレットとダインの娘、マリンなのだ。

ダインは死んだと思っていたバレットだった。

セフィロスがゴールドソーサにいると聞き付け、いってみると、

罪悪感を思い出し「1人にしてくれ」と構ってちゃんオーラ全開のバレット

だがクラウドは目の前のゲーム機器に夢中でどうでも良かったので放っておきました。

しかも入場料は取られるは、むりやりケットシーとかいう機械が仲間になってくるわでもう大変。

まぁいいか、と思いつつ、バイクゲームをしたり、バスケをしたり、
モグたんを育てたりして遊び、

クラウド「モグかわゆい!!あっちに闘技場あるってよ!!」

大喜びで闘技場へいくと惨殺死体がいーっぱい

「片腕銃の男がぁあああ」

クラウド「犯人知ってます!!!アイツしかいない」

神羅  「お前等も仲間だろうが!!」

と激しいツッコミの末、地下の砂漠に落とされるのです。

57: 名無しさん 2013/12/11(水) 10:38:58.89 ID:Kg1qe1OL0
世代的にはゆとりじゃないのにいまいちストーリー解ってなかったから大変有り難い
66: 名無しさん 2013/12/11(水) 14:11:32.10 ID:D5SPjo100
落とされた所は寂れた街並み。

とんでもない腐った街にバレットが一人沈んでいる所を発見。

クラウド「犯人見つけた!!!片腕銃の男!!俺達の為にも投降しろ」

バレット「あれは俺じゃない、片腕銃の男はもう一人いる」

こうして言い逃れを始めるバレットは、ダインがなぜ大量虐殺をしたのかを聞きたくて
探しに行くと、火曜サスペンス劇場のような崖の所でたそがれるダイン。

ダインは娘のマインが死んでいると思っていた。
妻も、娘を失ってもう得るモノなんてない!!全部ぶっ壊してやる。

バレット「マインは生きてるんだ!!(知らなかっただろう? 驚いただろう?)」

ダイン 「フーン、なら母さんの所に送ってやらねばな!!1人じゃ寂しいだろう!!!」

バレット「ええええ!?魔晄の事はホントごめんなさい!!」

ダイン 「うるせぇぇえ」

と、娘を殺す、邪魔するお前も殺す。といってバレットと一騎打ち。

でなんとか勝ったバレットはダインを説得するが、暴走していた自分がマインとなんて合わせる顔はない。
俺の手は汚れちまった…バレット、お前に頼んだ。

テロによる爆発でダインの比ではないほど大量虐殺を図ったバレットに自分の娘を任せ、自殺。

チョコボレースに優勝すると地上にでられると訊き、地上へと返り咲いたワケです。

たまたま立ち寄ったゴンガガで一休み。

67: 名無しさん 2013/12/11(水) 14:13:05.50 ID:D5SPjo100
クラウド「いつもの突撃お宅訪問するか!」

バッタバッタと人の家を開いていくと、ある老夫婦に出会う。

爺「あんたウチの息子しらんかね」

婆「十年も連絡も無い親不孝者だよ」

クラウド「知らないね、興味ないね」

爺「ザックスっちゅうんじゃが」

クラウド「しらねぇって言ってんだろうが!!」

爺「あんたの目、ソルジャーじゃろ」

クラウド「えぇい!!知らん知らん、俺はクラス1stだったからな
低いランクの奴なんか知らん!!」

ここでの会話はティファとエアリスで多少変わるのですが、エアリスでいくと

婆「ガールフレンドができたって手紙が来たけど、アンタじゃろ?」

エアリス「ザックス…私…」

こんな感じでエアリスは無言で人の家から逃げるようにして出て行きます。
それを追いかけると、クラウドはヘラヘラしながら

クラウド「なんだよ、知り合いか? なぁんか聞いた事ある気もすんだけど」

エアリス「うん、昔ちょっとクラス1stだったの彼」

クラウド「クラス1st!? 知らないな…言っておくがクラス1stなんてそんなに
簡単になれないんだぜ!!勘違いしてんじゃね?」

エアリス「行方不明で…仕事いったっきり…女好きだったから浮気でもしてるんだわ」

クラウド「両親に連絡もしないなんてロクな奴じゃねぇぜ!」

お前がな!!!というツッコミはさておき、ザックスなんてやつの故郷に用はねぇぜ
とクラウドは足を進めるワケです。

68: 名無しさん 2013/12/11(水) 14:15:01.46 ID:D5SPjo100
レッド13の故郷にいくと、
レッド13は父親は恨んでいたけど実は凄い強くて格好良いやつだったんだよ。
と説明する為だけにブーゲンハーゲンというジジイにとんでもない所へ連れてこられる

二人で済ませてくれよと言わんばかりのイベントが起きて、
プラネタリウムではライフストリームは循環してるから吸いあげたら悪くなるのは当たり前だよ。
と当たり前の解説をされる。

結局なんの足しにもならない話をされ、コスモキャニオンを出る。

近くにセフィロスが放火したニブルヘイムがあるから行ってみよう!!

と言ってみると、普通の村が存在していた。

焼け跡一つなく、宿屋やアクセサリー屋まで、
部屋の隅っこに黒いマントの男がセフィロス…とか呟いているだけの全然怪しさのない村!

するとパーティは

ケットシー「クラウドはん、自分の話きいて欲しくて嘘ついたんとちゃいますぅ?」

レッド13「うん、普通だね。大丈夫クラウド?」

クラウド 「俺は!!!嘘なんかついてないんだ!!!」

もちろん嘘なんてついてません。記憶障害のクラウドは本当の事を言っています。
ニブルヘイムはセフィロスによって焼かれました。

内訳はこうです、

神羅上層部A「やばいじゃん!世界の英雄セフィロスにモンスターの原因つきとめてって言ったら
予想外の事おこっちゃったよ」

神羅上層部B「ホントだよ!アンジールにジェネシスも!これで英雄セフィロスがこんな大量殺人
起しちゃった事が世間にバレたら神羅カンパニーは潰れちゃうよ」

こうして会議の末

神羅下っ端A「なんでしょう?」

神羅上層部A「あっ君ね、異動」

神羅下っ端A「え…ど、どこにですか」

神羅上層部A「……ニブルヘイム」

神羅下っ端A「え…あそこって焼けた村ですよね?」

神羅上層部A「あそこ再建するからさ、そこで生活するだけでいいから、給料も出すし」

という事で、全てはセフィロス無双を隠ぺいする為にニブルヘイム村は再建されました。

家にいる黒い服の奴はジェノバ細胞を持つ失敗作でリユニオンにより、
偶に現れるセフィロス(ジェノバ)が行っている場所に向かっているワケです。

ここにクラウドも来た!リユニオン!!という事です。

71: 名無しさん 2013/12/11(水) 15:06:09.20 ID:D5SPjo100
>>68の続き

セフィロスが書類や本を読み漁っていた館(研究所)に
入り地下へ行くと、棺桶からちょっとイケメンの根暗野郎が出てきました。

ヴィンセント「立ち去れ、ここは悪夢の始まりの場所。私は悪夢を見てうなされる事で
罪を償ってるんだ!!!」

クラウド  「確かに悪夢の始まりだな!!!ここは確かセフィロスが本を読んで狂った所だもん!」

ヴィンセント「なにぃぃセフィロス??」

クラウド  「お前、なにか知っているのか!?」

ヴィンセント「君から話したまえ!!」

こうしてセフィロスとの経緯(ザックス)を話をした。

クラウド  「さぁお前の番だ!!」

ヴィンセント「話せる事はない!!おやすみ!!」

エアリス  「最低…」

ヴィンセント「ルクレツィアぁぁあセフィロスのお母さんのルクレツィア、なんで宝条なんかと…」

クラウド  「…」

完全に棺桶はティッシュまみれになり、果てたヴィンセントは眠りにつきはじめました。

69: 名無しさん 2013/12/11(水) 14:35:24.49 ID:D5SPjo100
あっ補足です。

古代種「僕達は約束の地って奴を探してるんだ!僕達はそこを感じる事ができる。
そこはとっても安らげる場所なんだ! でも探すのが大変だから途中で辞める人もいるんだ」

以下探すのを辞めた人

古代種A「探すのだるかったんで、正直探している奴ら馬鹿に見えたっすよwww」

古代種B「だよなーあんなの無いって。ほんとね馬鹿を通り越して、ある意味幸せだと思いますよ」

こうして一定の地にすみつき、行かなくなった人たちを「人間」と呼びます

なおプレジデントは魔晄エネルギーに満ちあふれた豊かな土地こそが約束の地と思っており、
その場所を特定できると思われる古代種の生き残りのエアリスを付け狙っていた。

70: 名無しさん 2013/12/11(水) 14:39:11.07 ID:D5SPjo100
そしてセフィロスは約束の地を北の大空洞だと思っていたそうです。

そして人によって「約束の地」の解釈が違う為、

A「約束の地行ってくるわ~」

B「俺も後から約束の地向かうね~」

Aが思っている約束の地は魔晄が集まるミッドカル
Bが思っている約束の地はミディール

という二人が合う事はないくらいそれぞれなのです。というのが後日談だそうです

72: 名無しさん 2013/12/11(水) 15:07:35.60 ID:D5SPjo100
エアリス  「きも、行きましょ」

こうして変態棺桶男を放置し、書斎へ行くとセフィロス発見!!

セフィロス「おいクラウド、リユニオンに参加しないのか?」

クラウド 「りゆにおん?日本語でおk」

セフィロス「ジェノバはリユニオンするものなんだよ、ジェノバはリユニオンして空からきた厄災となる」

クラウド 「日本語でおk」

セフィロス「もういい!!お前なんてリユニオンに参加しなくていい!!
俺は【ニブル山を越えて北】いくから!ついてきてもいいよ」

こうしてセフィロスはクラウドに消滅のマテリアをぶつけ、空を飛んで行きます。
ちなみにセフィロス思念をもつジェノバですがね。

この時点でセフィロスは自分が古代種ではない事に気が付いていたようです。
最早、人類を超越したジェノバの母の目的を達し、征服する事が目的のようです。

その為にも 想い+ジェノバ で動き回るのは面倒なので早く身体を再生したいから
魔晄エネルギー求む。なう、という状態なワケです。

クラウド「…ニブル山いけばいいんだよね」

ティファ「そうね、そんなオーラだしてたわ」

という事で向かおうとすると

ヴィンセント「待て!!お前達に付いて行けば、童貞を馬鹿にした宝条に会えるんだな?」

クラウド  「宝条がセフィロスを追っているっぽいから、かもね」

ヴィンセント「仲間になってやる!!」

と言う事で変態童貞棺桶男、ことヴィンセントが仲間になるわけです。

73: 名無しさん 2013/12/11(水) 15:14:14.28 ID:1wgJZiv90
プレイしたのは高校一年くらいだったな。それでも覚えてるのはやはり良いゲームだったってことなのか。
しえん、これ終わったらメタルギアな!5も出ることだし。
82: 名無しさん 2013/12/12(木) 00:07:19.89 ID:D5SPjo100
クラウド「でけぇ!!ボスだ!!」

ヴィンセント「任せろ」キュイーン リミット【ガリアンビースト】

クラウド「えぇぇえええ!怪獣!!?」

ヴィンセント「ガオオオオオ 操作不能」

クラウドの攻撃

ティファの攻撃

ヴィンセント、敵を回復

クラウドの攻撃

ティファの攻撃

ヴィンセント、敵を回復

クラウド「…」

ティファ「…」

ヴィンセント「グオオオオオオオ」

めんどくさい奴が仲間にはいったと思いながら歩いていると、
なんかロケットが斜めに倒れかけている村があった。

83: 名無しさん 2013/12/12(木) 00:08:46.88 ID:wCFDo72q0
クラウド「こんちわ! 約束の地とかセフィロスとか探さないといけないんで
庭の飛行機ください」

シド  「駄目だ、駄目だ。今日は神羅の社長 ルーファスがくるからな
きっと昔打ち切りになった、宇宙打ち上げの話だぜ」

クラウド「あんた神羅の人間か」

ルーファス「こんにちわ、約束の地とかセフィロスとか探さないといけないんで
飛行機返してもらいますよ」

シド   「宇宙打ち上げの話じゃないのか!?」

ルーファス「そんなもん、とうに打ち切りですよ。なんでもいいから神羅の経費から
飛行機作ったんですから、貰ってきますね」

シド   「そんな!!馬鹿な!!」

クラウド 「では私めが頂きます」

飛行機のおいてある庭にダッシュ!!

ルーファス「あーーそれでセフィロスが向かった古代種の神殿にいかなきゃいけないのに!!」

クラウド 「古代種の神殿ですね!!わかりました!!!」

ルーファス「古代種の神殿に入るにはキーストーンってのがいるし、それはゴールドソーサのディオが
持ってるから簡単には手に入らないぜ!!」

クラウド 「ディオさんですね!!分かりました!!」

こうしてクラウドは神羅の人を切り付けた挙句、飛行機をぶんどり、それに付いてきたシドと共に
逃げようとしたんですが狙撃され、近くで不時着。

なんやかんや、シドが仲間になります。

こうしてディオからキーストーンを貰い、ゴールドソーサを出て古代種の神殿に向かおうとする中、

ゴーストホテルにて、クラウドがゆとりプレーヤーの為に話をまとめ始めます。

クラウド「セフィロスは約束の地を探している!!
約束の地とは神羅的によれば魔晄エネルギーが沢山あるらしいよ!!

古代種は約束の地に帰るんだって!古代種は約束の地に入ればここがって感じるだって!
だから古代種の末裔のエアリスもなんとなく分かるんだって!!

セフィロスが世界のあちこちで出現するのは約束の地を探してるんだって!!
ちなみに黒マテリアも探してるんだよ!!

なんかニブルヘイムにいた黒マントの男はジェノバ細胞を入れた宝条の実験体らしいよ!!」

とまとめます。

84: 名無しさん 2013/12/12(木) 00:10:13.06 ID:wCFDo72q0
なんのこっちゃ分からない人に私から完全に前後を全てまとめます。
読むの疲れた人はここだけでも理解できるかも

1.セフィロスはジェノバの首を持ってライフストリームに落ちて死んだけど、強い意志で自然の源になりたくないってなりました。.
2.セフィロスはライフストリームに落ちた時、凄い知識と更なる力を感じました。
3.もっと欲しい!!もっと!!この星を征服する為にやってきたジェノバママの意思を継ぐし、それ以上になりたいよ!!
4.ん?ライフストリームって魔晄? あっ魔晄を集めまくればいいやんけ!!
5.リユニオンって確かジェノバ細胞もってる奴集めれたよね!!俺、ジェノバママの首もってる最早、同化してるから全部集めたらすんごいぞ!!
6.ジェノバ細胞がたくさん集まって、魔晄いっぱい取り入れたらすげぇ強くなれるぜ!!
7.黒マントは宝条が人体実験して死んだ奴の具現化でイッパイいるから集めよ!!
8.約束の地ってたくさん魔晄あるらしいけど、そんな事よりもライフストリーム集める方法はもっとあったよなぁ
9.あっ!!!黒マテリアを使って魔法メテオを使って星を傷つければ!とんでもないライフストリームが集まって僕ちゃん完全復活できるし、凄く強くなれるぞ

これがFF7の全てであり、セフィロスの思惑です。

ではストーリー編に戻り、ガイドラインに沿っていきますね

85: 名無しさん 2013/12/12(木) 01:39:42.97 ID:wCFDo72q0
ケットシーがキーストーンをツォンさん(タークス)に渡すという完全なるスパイ活動を行います。

クラウド「このガラクタ人形がっ!!!ぶち壊すぞ!!」

ケットシー「まぁまぁ、仕方ないっすよ。僕、神羅の社員っすもん」

クラウド「それなら仕方がないな。サラリーマンも大変だな!でも恨むからな」

こうしてケットシーは敵として仲間に加わり、
キーストーンを使うだろう古代種の神殿へと向かいました。

古代種の神殿の玄関口で瀕死のツォンさん(タークス)が倒れていました。

エアリス「まぁ…痛そう、ずっと昔から知ってるツォンさんが死にそうになってる…」

ツォン 「セ、セフィロスが探してたのは約束の地じゃない…」

クラウド「なにいい?セフィロスの野郎は中にいるのか、何を探してんだ!?」

ツォン 「自分で確かめるんだな フッ…」

クラウド「やだよ!!こんな怪我みせられて、中に入りたくないよ!!」

ツォン 「キーストーン返す…」

こうして半ば強制的に古代種の神殿に入れられるワケです。
しばらく歩いて行くと、映画形式でツォンさんがセフィロスと会話をしている所が上映される。

セフィロス「開けてくれてありがとう」

ツォン  「お前、開けれないのか」

セフィロス「うん、だから玄関口の方で待ってた」

ツォン  「そうか…」

セフィロス「私は神だ…いや神になるし星と一つになる、そう力の源となるのだ」

ツォン  「できわけないやん」

セフィロス「そんな事ないやろ」バシュッ この一撃でツォンさんは瀕死になりました。

86: 名無しさん 2013/12/12(木) 03:57:36.26 ID:wCFDo72q0
その映像が撮影現場へいくとセフィロスがいます。

セフィロス「ここは知の宝庫」

クラウド 「意味不明なんだよ!!」

セフィロス「私は神になる」

クラウド 「本当に勘弁してくれ」

セフィロス「星は傷付ければ傷つける程、それを修復しようと大きな力が集まる
では星が壊れる程の力で傷付ければどうなる」

クラウド 「えっトンチクイズ? 壊れる…であってるよね?

セフィロス「とんでもない力が集まり、その中心に私が全て吸収する。全てのエネルギーは私のものだ
そして生まれ変わり、私が星となり神となる」

セフィロスはまた飛んで行き、ここでクラウドがおかしくなります。
これは元々精神力が弱いクラウドに無理矢理、ジェノバ+魔晄による共鳴的なものであり
洗脳、記憶操作、幻覚などのジェノバの能力とも思われます。

クラウド「クックック黒マテリア クックックメテオ呼ぶ
俺 クラウド どうやるんだ……俺のやり方、思い出した」

エアリス「ちょっとクラウド…大丈夫?」

クラウド「ん? 変な事いった?」

エアリス「…全然、セフィロス逃げちゃったから行きましょ」

クラウドには、狂ってしまった自覚はない。
この時、クラウドはクラウドを演じていることが仄めかされる。

87: 名無しさん 2013/12/12(木) 03:59:11.52 ID:wCFDo72q0
神殿そのものが黒マテリアでパズルを解くと黒マテリア入手となる。
でも、取ったら死ぬ。この情報を古代種の末裔であるエアリスが訊き出した

こんな感じで黒マテリアを持ち出すのはとっても危険!
でもセフィロスの分身がたくさんいるから、命一個くらい投げ出して持ってかれるかも!!

ケットシー「わて、玩具なんで壊れてもおk」

クラウド 「え、ちょっと寂しい」

ケットシー「ええですよ、玩具ですもん」

スパイだったのに一緒に行動してくれたケットシーは感動し、クラウド達に力を貸すのでした。

で、ケットシーによりなんとか黒マテリアを入手!

クラウド「使えんのかな…興味あります」

エアリス「ただ精神力が必要だし、そういう特別な場所でなら使えるわ」

クラウド「約束の地あるやんけ!!そんな感じの場所なんでしょ!? でもセフィロスに見つかったらどうする?」

エアリス「セフィロスは古代種じゃないから、見つけられないよ」

セフィロス「ですが!実は見つけちゃったんスよ!!神になる存在っすよ?古代種以上に決まってんじゃない」
突如セフィロスがやってきます。

ちなみに何度もいいますが、セフィロスのコピー(ジェノバ)です。
北の大空洞から遠隔操作してるわけです

なぜモンスターとのハイブリットのセフィロスが約束の地を見つけ、メテオを使用できる環境にあるかというと、
ライフストリームに溶けた時、もの凄い知識を手に入れたからです。

88: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:01:18.95 ID:wCFDo72q0
こうして黒マテリアを持ったクラウドを再度洗脳し、頭を狂わせ、黒マテリアをセフィロスに渡してしまいます。

クラウド「俺はセフィロスに…俺はなんなんだぁああぁあ うへへえ 俺はなにしたんだ!?へへへ」

エアリス「貴方は悪くない」

クラウド「おれはあああこああああ あひゃああああ」

こうしてエアリスにマウントを取り、ソルジャーパンチを何度も喰らわせます。
もうDVも良いとろで、ボコボコです。ハッキリとはされてませんが、
エアリスはクラウドの本性を知っているっぽいそうです。一般兵で、ザックスの肩書き泥棒という事

そして夢の世界で、エアリスはメテオを防げるのは古代種の私だけよ!と告げて
、約束の地と思われている古代種の都、忘らるる都へ向かった。

ので、クラウド達もそこへと向かう。

すると祈りをささげるエアリスがいました。

エアリス「あぁメテオをとめたーい メテオとめたーい」

ここでクラウドはまた洗脳され、エアリスに剣を向けます。
セフィロスの意思としては神となった上で愚かな存在に絶望を
味あわせたかったので、こういう事をします

ティファ「ダメ、クラウド!!」

クラウド「はっ俺は……」

セフィロス「使えねぇな」

こうして空から降ってくるセフィロス(コピー)が正宗をエアリスに突き刺します。
フェニックスの尾さっき落としたから無いーーー!!

セフィロス「寄り道は終わりました。じゃ行きます」

クラウド 「何さらすんじゃボケッェェェェ」

セフィロス「メテオ止めようとするからさ。そんな事より、悲しむフリなんて止めろよクラウド」

クラウド 「てめぇっぇ殺す!!」

セフィロス「お前は感情なんてないよ」

こうしてエアリスは死に、なにかが泉の中に コンコンと落ちて行きます。

「バルス的な事が起きた時に使いなさい!!」

そうメテオを止める為のホーリーのマテリアです。

悲しみに暮れる中で、足を進める事になる。

89: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:02:45.37 ID:wCFDo72q0
クラウド「……」

ティファ「……」

バレット「……」

こうしてセフィロス(コピー)が向かったとされる寒い雪山で、初めて魔晄エネルギーは冷暖房完備できて
最高
あながち神羅の使っていた魔晄エネルギーも悪くないのかもしれない。

クラウド「ひゃっほう!!!スノボー最高っーーー」

といった感じでどんどん向かって行くのです。

そして竜巻の迷宮ではなにやら黒いマントの奴らがイッパイ、それを横目にクラウドは走っていくと
セフィロスがそこに!!

クラウド「セフィローース エアリスを失った悲しみや恨みは忘れないぞ!!
あれから俺は陽気な気分になった事なんてないんだぞ!!
ここで終わりやで、アンタ!!」

セフィロス「そう、ここで終わり。私は黒マテリアを主人(セフィロス)の元へ運びにきただけ」

そういって黒マントを薙ぎ払い、更には自分自身の身体を捨てるセフィロス。
ここで、セフィロスがコピーだったと分かるわけです。

『黒マントはすでに死を認識しているせいか、
帰巣本能によって死後行くべき場所を目指して北の大空洞を目指した
どうやら、ライフストリームの流れ行く場所を目指していたらしい』という解釈もある。

こうしてジェノバと対戦し、黒マテリアを奪います。

そして一応、前の事を反省して黒マテリアを仲間に渡します。

するとパーティ全体がセフィロスの力によって幻覚が始まります。
その幻覚は、ニブルヘイムでの本当の話。

90: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:05:22.07 ID:wCFDo72q0
ティファ「なにこれ」

クラウド「落ちつけよ…セフィロスの射程圏内だぜ? 幻覚に決まってんだろ、怖くねぇぞ」

ティファ「(やば…これもしかしてザックス的な本当の映像、めっちゃ気まずい空気なるじゃない)」

クラウド「びびんなよ、ティファ。どうせ幻覚だぜ」

ティファ「そ、そうね……」

ここでセフィロス、ザックス、一般兵(クラウド)がニブルヘイムにやってくる映像が流れます。

ティファ「やめてkぇぇっぇセフィロス、クラウド幻覚なんだからね!幻覚なの!!」

クラウド「当たり前だろ、誰だあの黒頭。俺のバスターソードもってやがったぜ プププw」

こうして映像が変わって、次はニブルヘイムが放火された後の映像が流れます。

クラウド「はいはい、幻覚オツです。どうせ建物から出てくるのは俺じゃなくて黒いツンツン頭の
バスターソードの似合ってないやつね!」

ティファ「(セフィロス、ホントやめて説明するの大変なんだから)」

クラウド「良くできた幻覚おつwwww」

ティファ「みちゃ嫌…」

ここでセフィロス登場

セフィロス「分かっていただけたかな? 真実が!エープリルフールじゃないよ」

クラウド 「はいはい、俺を混乱させたいんだね。こんな映像で…オツオツw
もうそこそこレベル高いから、剣を振りまわしたりなんてしないぜ
だって俺覚えてるもん!!熱かったし!!悔しかった!!」

セフィロス「お前は人形なんだよ、記憶を入れればもう自分のモノみたいに感じる人形
ホントの自分取り戻して?w
それにしても宝条の失敗作のお前は結構役に立ったよ」

クラウド 「宝条だと? あんな非モテと俺とがなんの関係があんだよ」

セフィロス「そうだなぁ、五年ほど前に、この炎に包まれた後。
お前は宝条の手によって作りだされたんだ(ボクもね、パパだよ)」

クラウド 「俺のイケメンが…そもそもあいつは童貞だろ」

セフィロス「ジェノバ細胞+魔晄で作られた人形なんだよ(作り方は違うけどボクも)
お前の正式名称を教えよう【セフィロス・コピー ナンバリング0】」

91: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:06:48.59 ID:wCFDo72q0
クラウド 「そろそろ眠いぜ、なぁティファ」

ティファ 「ヒェェェェlそうねクラウド…」

クラウド 「えぇぇ? 本当なの? 俺は余裕だよ、幻想、幻想♪」

ティファ 「ちょっと時間頂戴(セフィロス最低ね。
私、クラウドがイカれてる事を言わずに全クリする予定だったのに…)」

クラウド 「なんだよ、幼なじみのティファだろ!? えっ?」

セフィロス「説明しよう!!ジェノバの能力とは、他人の記憶に合わせて自分の姿、声、言動を
変化させる事ができるのです!!
お前の中のジェノバ細胞は、ティファの記憶に合わせてお前を作ってるのです!!」

クラウド 「難しい…難しいよぉおおおおあおああお」

セフィロス「クラウドという少年はティファの周りにいたのかもしれないけど、お前じゃない
そもそも、お前に名前なんてあったのか?ナンバリング0さん」

クラウド 「あほらし」

セフィロス「写真とったの覚えてないだろ」

クラウド 「はてな?」

そこでセフィロスが見せた写真には、セフィロス、ザックス、ティファ映っていた。
こんな感じでクラウドは狂っていきます。

クラウド 「俺はソルジャーになって。クラスファーストで!
クラス1st? 俺はいつソルジャーになったんだぁっぁああああ
思い出せないよおおおぉおお」

この話はセフィロスの嘘と本当が混じっています。まるでクラウドを最初からいなかった風にいっていますが
これはクラウドの精神を崩壊させる為のものです。

魔晄照射、ジェノバウイルスによる改造を施したが、クラウドは耐えきれず、

ただ失敗作だった。かなりイカれていてセフィロスコピーとしてあんまりにも使えなかったので
【ナンバリング0】というナンバーすら与えるほどでもないゴミとして名づけられたのです

92: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:08:14.94 ID:wCFDo72q0
こうしている内にセフィロスがうちはマダラ並みの幻術を使い、パーティ全体を惑わせ、

クラウド(正気になったふり)「もう大丈夫っす」

バレット「ほんとか? 緊張したぜ黒マテリアなんて預けられたらよ」

クラウド「おし、貸してくれ。ここはリユニオンの最終地点である約束の地なんだってよ」

バレット「よくわかんねぇけど、ホレ黒マテリア」

クラウド「ヒャッハアアア!!頂きぃ!!黒マテリア頂きぃぃい!!
セフィロスさん!!俺っす!!黒マテリア持ってきました!!」

宝条  「素晴らしい!!リユニオンじゃないか、お前ナンバーは?」

クラウド「おれ・・・しっぱいさく…ナンバーない。博士ナンバーください」

宝条  「なんだ失敗作かよ、まぁリユニヨンは成功だな、全部がセフィロスの所へ向かって行った」

そんなこんなで、黒マテリアは完全発動しメテオが星へと向かってきます。

メテオが発動された事で辺りが崩れ始め、ウエポンが目覚めました。
星が危機を感じた時に生み出す、兵器=ウエポンというワケです

【今起こっている現状】

1.メテオ発動!!
2.星「やばいよ、やばいよ」混乱、危機を感じライフストリームぶしゃー
3.ウエポンお目覚め!!
4.セフィロスの身体再構築完了!!あとはメテオぶつけて上質ライフストリームシャワー求む!!

【ウエポン考察】

1.星「なんか危ない気がする近付いている気がする!!
ウエポン起きて、ライフストリームの邪魔をしている奴らを排除してこい」

2.ウエポン「イエッサー。ライフストリーム 吸い取っている 人間。人間 殺す」

93: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:09:43.09 ID:wCFDo72q0
こうして動き出したウエポンを前にセフィロスとクラウドをその場に残し、
ティファ達はルーファスらと逃げる。

取り残された錯乱クラウドはライフストリームに流される。いわゆる魔晄漬けというワケです。

こんな大変な事態を収拾しようとしたのか神羅カンパニーのルーファス。
だが、天下の神羅カンパニーは全ての罪はティファ達になすりつけ、
処刑しようとします。

神羅「私達がウエポン倒しますから!!安心してね!!ウエポン召喚したやつも捕まえたから殺
す」

魔晄エネルギー=神羅なので、ウエポンがそれに怒っているという事実は非常にマズイ。

と言う事で海から出てきたウエポンを倒している神羅の隙を見つけて、処刑台から逃げて
神羅の飛行艇をパクリ、脱出。

シド  「ヤバかったぜ でもこんないいの手にはいったな」

ティファ「そうね(クラウド)」

バレット「近くだし、ミディールいってみよう」

そして色々な店を回ったティファ達、村医者の所へ足を運ぶと、

クラウド「あうあうああぁナンバくださいあああうああ」

車椅子に乗ったエセソルジャーの姿がそこに!

ティファ「なんでこんなことに!!!!」

ライフストリームにびっちゃびっちゃに浸り、魔晄中毒により廃人となった。
なにも話さず全クリを目指していたティファも悪気を感じ、付きっきりで看病する事になるが、

このあとアルテマウエポンが襲来すると同時に、ライフストリームが地表から噴き出します。
星もワケわかんない状態なのです。

そしてライフストリームが噴出し、ライフストリームの海へと落ち、クラウドとティファは魔晄漬けになる。
ライフストリームは力の源でもあり、かつてセフィロスが知識を取り入れた様に、クラウドも
元々あった自分を見つめ直したのです。

クラウド「俺はカッコつけたかったす
ティファ好きだったす
でも、ソルジャーの適性検査落ちました。
ザックスが格好良すぎて眩しかったす。
憧れ過ぎて…自分と投影しちゃったす」

ティファ 「そうよ、なにも恥じる事なんてないの」

今まで何も語らず、セフィロスが痛いトコついてからようやく話をしだしたアバズレビッチティファ
俺がクラウドなら完全に超究武神覇斬をかましている所だが、クラウドは本来の自分を取り戻せた事に感激し
パーティに復帰する。

クラウドが分かった事!
1.セフィロスコピー=ソルジャー
2.精神が強ければリユニオンに影響されない!!

94: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:11:53.09 ID:wCFDo72q0
実はとうの昔に、エアリスはメテオを止める為のホーリーを唱え終わっていたのです。が!!
なぜか発動しない。

どんどんメテオが近付いている

クラウド「なんでホーリー動かないの!!???」

ティファ「もしかして」

クラウド「アイツかぁああ!!!」

こうしてライフストリームの力を蓄えたつつあるセフィロス(完全体一歩手前)と
最終決戦を迎えるワケです。

クラウド「てめぇえ必殺 超究武神覇斬(今考えました!!)」

セフィロス「ぐあああ」

こうしてセフィロスの肉体は死に、思念だけがライフストリーム渦にまたも溶け込むのです
(これはアドベントチルドレンで分かる。)
しつこいですね~さすが非モテ宝条の息子。

そんなこんなで、ホーリーを止めていたセフィロスを倒し、ホーリーの力が解放されます。
だけど星に接近しすぎていたメテオは阻止できず。

星自身が星を守る為に
ATフィールド全開 ライフストリーム噴射+ホーリーでメテオを止めます。
決して人間を守る為ではない!!

そして二年後 アドベントチルドレンへ!

95: 名無しさん 2013/12/12(木) 04:19:52.38 ID:wCFDo72q0
これで終わりです。ちょっと後半分かりにくかったかな? もっとアッサリ説明もできたけど、一応詳しく書きました。ディスク三枚だからこんなもんかと
眠たいっす、徹夜しちゃったよ…読んでくれた方、読んでいる頃は会社でしょうけれど、本当にありがとうございます。

アドベントチルドレンは別に説明いらないよね? まぁもし需要があれば書きます。

一部謝罪:セフィロスが北の大空洞にいるってずっといってたけど、セフィロス本体が眠っていたのは竜巻の迷宮で復活後、北の大空洞へいきました。
あと若干、設定が統一されていない部分もありますが、これはアティマニアなどで途中で変わったり、曖昧だったりする部分がある為です。

一行でFF7
【勘違いした改造人間の主人公が星を守る話と思いきや、星が星を守る話】
ありがとうございました。

97: 名無しさん 2013/12/12(木) 08:13:40.66 ID:NbMguEkRi
乙!
面白かった! こうなったらACも全部書いてもらいたいね
98: 名無しさん 2013/12/12(木) 08:23:11.05 ID:IEIqMMtm0

楽しかった!ACやってないからみたい!
101: 名無しさん 2013/12/12(木) 11:37:47.07 ID:DxaAd+3F0
FFは8しかストーリーの記憶がないな

FF,ゲームFF,ゲーム

Posted by tukareme